鼻の毛穴の汚れにはホットタオルを使ってから洗顔がいい

小鼻の角栓を指摘された

割と最近のことなのですが、旦那にまじまじと鼻の毛穴を見られて「脂がすごく溜まってるよ。

 

化粧落とした?」と言われたことです。

 

もちろんクレンジングはきちんとしているので、ファンデーションの汚れではなくただ単に角栓がたまっていただけなのですが、メイクも落としてないんじゃないかと(女を捨てているように)思われたことで恥ずかしかったですし情けなくなりました。

 

それからは小鼻のブツブツがかなり気になり始めました。

 

正直目尻の小じわのほうが最近気になっていたので、小鼻のブツブツは見落としていたというのが本当のところですが…。

 

なんとかしてこのブツブツをなくし(せめて薄くして)、旦那に褒めてもらいたいなーと思うようになりました。

できるだけ刺激の少ない方ほうを選ぼう

若いころはよく、貼ってしばらく置いてからベリっと剥がすタイプの毛穴パックを使っていたのものですが、乱用してしまった結果鼻の毛穴が大きくなってしまったことがあったので、毛穴パックはとりあえずやめておこうと思いました。

 

なので、ネットで調べて、なるべく鼻のお肌に負担のない方法をということで、ホットタオルで鼻の毛穴を開いてから洗顔し、その後しっかり保湿して保冷材で引き締める、というケアをすることにしました。

 

最近歳のせいか乾燥肌が気になるようになってきていたのですが、乾燥肌には強い刺激は厳禁らしいので、貼って剥がすタイプのパックより毛穴を温冷効果で広げて引き締める、という方法のほうがお肌に負担がなくケアできるのではないかなと思いました。

ホットタオルを使った方法

ホットタオルで毛穴を開いてから洗顔することで、毛穴の汚れが綺麗に落ちるような感じがしました。

 

また、洗顔後に保冷剤を使うことで毛穴の開きもなくなってきたと思います(毛穴がきゅっとしまってきたような感じがします)。

 

毛穴パックを使ったときは毛穴に生えている毛もごそっと抜くことができますが洗顔では毛までは抜けないので、たまに毛が気になるときはありますが、少なくとも毛穴が開いて目立つという状態はなくなってきたと思います。

 

ただ、ホットタオルを当ててから洗顔、というのは時間がないとできないので、ついついさぼってしまうときもあり、そうするとまた角栓が目立つようになってきてしまいました。

 

毎日きちんとケアすることが大事だなーと改めて思いました。